×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の将来は幼児期の教育で決まる。

幼児教育とは

 

幼児教育とは、本来は入学前の教育のことを指します。学校教育の初等教育(小学校)より前の段階にある教育のことです。ですが、幼児を対象とするおけいこや才能開発のことをさすことが多くなっています。

 

 

 

子どもの発達について研究が進んでいき、「能力は何もないところから教えていく」というものでなくて、本来備わっていると能力を引き出していく。そのため子どもの頃からの関わり(特に脳への刺激のかかわり)の重要性が注目されるようになりました。

 

 

 

ですから、幼児教育を始める年齢はどんどんエスカレートしてきて、すごいところでは生まれる前の胎教から始まっているという幼児教育法もあります。なぜかと言うとお腹の中でも外的刺激によってシナプスが増えるからという説が根拠となっているからです。

 

 

 

だからといって、幼児教育での注意することは、決して「お勉強」にしないことです。知識を与えるのではなく、「遊びを通して」自分から学び、生活していく力を身につける。それが本当の生きる力をつけていける幼児教育なのです。
幼児教育の目的と効果

 

幼児教育が盛んな昨今ですが、幼児教育で求めるものは何でしょうか。大切なことは「知恵のある、情緒豊かな子」を育てることです。この知恵とは、考えたり、工夫したりして何かを創りだす力のことです。

 

 

 

今、このように幼児教育が注目されているわけは、脳の発達についていろいろとわかってきたからです。生まれたての赤ちゃんはシナプス(脳の伝達細胞)がほとんどなく環境によって脳が刺激されシナプスが増えていくことがわかったからです。

 

 

 

子どもの脳は胎児期から発達しているので、妊娠中の女性の食生活や喫煙、飲酒が胎児におおいに影響があるように、妊娠中に母親がお腹の子どもに絵本を読んだり、音楽を聞かせたり、話しかけることから、外的刺激を与えて、脳に刺激が伝わりシナプスの増加へ影響するのでしょう。

 

 

 

大切なのは、幼児教育をして何をめざすかということです。子どもは何でも吸収しますから、早くから始めると字や計算だってできる子どもはいます。しかし自立して生きていく力を育てる手助けをするのが本来の親の役目です。
脳細胞の発達と幼児教育の意外な関係

 

幼児教育の重要性が注目されていますが、幼児教育とは知育だけに偏らず、子どもの成長にそって、子どもの本来持っている生きる力を引き出す手助けをするものです。しかし、実際は前述の知育の方に力が注がれています。

 

 

 

よくあるのが幼児教育というと、親御さんは構えてしまってどこかへ習いにいかなければ、幼児教育をしてないと思ってしまうかもしれません。本当はそういうことだけでなく、赤ちゃんにお乳を飲ませながら話しかけるなどの脳への刺激も幼児教育と言えます。

 

 

 

実は、脳細胞の発達から幼児教育を始める時期を考えると、受精から誕生までに、成人と同じ神経細胞がつくられ、3歳で80%完成します。この数は以後、減ることはあっても増えることはありません。ですからみんな競って早期の幼児教育をして脳のシナプスを増やそうとしているのです。

 

 

 

脳の刺激というレベルで幼児教育を考えると、座って知識だけを与えることが幼児教育でないことがわかります。体全体を動かす、手先を動かす、自然に触れる、いろんな人と関わる、良い絵本に触れて体も心も育てる必要性がわかります。


今昔、出会い系サービス